【ジェイエーアメニティーハウス売買】JAグループ神奈川がご案内する投資・収益物件情報

menu
mail_outline お問い合わせ
お電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ phone_in_talk 046-210-5030 営業時間:9:00~17:30
定休日:水曜、祝祭日

よくある質問・相続事例

よくある質問

はじめに 相続の流れはどうなっているのか?
Q1 どういう場合に相続税がかかるか?
Q2 相続税の申告と納税はいつまでにしなくてはいけないのか?
Q3 相続税の税額はどのくらいになるか?
Q4 相続税はどのようにして計算するのか?
Q5 相続税を延納するにはどうしたらいいか?
Q6 相続税の物納をするにはどうしたらいいか?
Q7 アパートを建てた場合の相続税の評価は?
Q8 贈与税はどのようにして計算するのか?
Q9 贈与税の申告と納税はいつまでにしなくてはいけないのか?
Q10 贈与税の配偶者控除の特例とは?
Q11 住宅取得資金の贈与を受けた場合はどうなるのか?
Q12 相続時精算課税制度とは?
Q13 小規模宅地の特例とは?
Q14 不動産の相続手続きはどのように進めればよいのか?
Q15 遺産の土地を分割する方法は?
Q16 相続で不動産の移転登記はどうなるのか?
Q17 借地人の死亡で賃貸借関係の相続はどうなるのか?
Q18 不動産を妻だけに残すにはどうしたらよいのか?
Q19 相続人ではない内縁の妻は借家を相続できないのか?
Q20 相続によって毎月の所得が発生したら確定申告はどうなるのか?

相続事例

相続事例|ケース1 被相続人と相続人の母は10数年前に離婚。
相続人は母と二人暮らしをしていた。
7月、被相続人が亡くなり、相続人は出張中のため、母のみが葬儀参列した。
10月になり、被相続人の債権者より、債務返済の請求書が送達され、父の負債を知った。
その後、当社管理物件オーナーの紹介で母が相談に来店した。

■被相続人 父60代
■相続人  娘20代 もっと詳しく
相続事例|ケース2 被相続人は会社経営をしていたが、会社には100億円以上の負債があり、被相続人が連帯保証をしていた。また、近くに兄弟が暮らしていた。相続人は相続放棄をしたいとの希望で相談があった。

■被相続人 父70代(会社経営)
■相続人   妻70代、子40代~50代(3人) もっと詳しく
相続事例|ケース3 遺産は郊外に土地約800坪(路線価5億550万円)と400坪(路線価値2億7,000万円)、現預金2,000万円。
遺言書は無かったが、日頃から長男が跡継ぎであると父親からの話が行き届いていた。
知合いの税理士に相談したところ相続税が2億5,300万円となることが解り、納税について当社に相談があった。

■被相続人 父80代(無職)
■相続人   長男、次男、長女(3人) もっと詳しく
相続事例|ケース4 独身姉妹からの相続対策の相談があり面談をし、資産は自宅土地150坪、建物40坪、土地100坪、現預金3,000万円の資産内容と希望をきいた。
姉妹には4人の兄弟がいて、うち一人は既に他界し、姪が2名との事であった。

■相続人   姉80代、妹70代の姉妹、亡兄の子40代男性、亡兄の子40代女性 もっと詳しく
arrow_upward